秋を探そう

2014/08/18 22:31

萩と羊歯のフラワーベース

お盆も過ぎて、草木にも秋の支度がたくさん見つかるようになりました。

最近はめったに出かけないのですが、週末に仕事もあり、軽井沢に向かいました。着いてすぐにわずかですが、内村鑑三記念堂を見る時間をとりました。
光と石、水音が組み合わされた素敵な空間でした。


写真は 石の教会 内村鑑三記念堂 への道

仕事の翌日は
ふだんお世話になっている富弘美術館の皆さんもたくさんいらした いのちのことば社さんが主催なさった「いのちの風 音楽祭」で 星野先生の詩の朗読や紫園香さんのフルートを楽しませていただいた半日が、夏休みになりました。


朝の雲場池

朗読会にふだんから親しんでいるわけではない私なのに、力強い声で胸に響いてくる朗読を通して、声で詩に親しむことの素晴らしさを感じました。

紫園さんのフルート演奏も、なじみある曲を柔和な雰囲気で凛々と響かせてくださり、隣やまわりにいる人をすっかり忘れて、たった一人で聞いているような異空間に誘われて、、

ぜいたくな数時間でした。

受付中に激しい雨になり係の方はたいへんなことに、、
裏方の皆さんにも感謝です。ありがとうございました*


恵みシャレー

隙間時間には近くにある 大好きな脇田和の美術館に寄ってもらったり、、

美術館入口にある早く亡くなられたご子息のオブジェが 曇天を背景にして印象的でした。


脇田美術館

中にある作品は何回見ても天与のセンスを感じます。素晴らしかった・・静かな美術館

遠くに車の音は聞こえても、軽井沢の小道からは昼も虫の声がしました。



アザミが咲いていたり、赤や金に水引草が色づいていたり

木々も少し秋の色がさし始めているような。


まだまだ残暑は厳しいのですが、暑さの中に秋を見つけることを楽しんでいけたらいいなと思います。



皆さんもどうぞお体に気をつけて、暑さを乗りきってくださいね!






スポンサーサイト