fc2ブログ

クリスマスの富弘美術館

2014/12/24 23:24


23日、みどり市の富弘美術館

入り口で美しいガラスに飾られたシックなツリーが出迎えてくれました。

用件をすませる前に、第二回の公募展の作品をまず拝見しようと、少し早く入りました。

美術館の前に広がる草木湖は水位が低く静かな湖面でした。



今年は二段に入選作が並べられ、たくさんの応募があったことがしのばれます。小学生から90才をすぎた方の詩画が一堂に集められ、迫ってきました。

詩は、絵手紙的なものや いかにも 詩!なもの、エッセイ風な書き方など多様で、様々な人の心の鏡のようです。

また、富弘さんの新しい作品も拝見できました。
画材に新しいものが加わり、文字の線も今までとはまた違うものがあって、入り口近くの大きなインコや南天など、とても新鮮で印象深かったです。
絵が変わっていけるのは、勇気が必要だと思います。
しばらく絵の前から離れられませんでした。

富弘美術館に向かうと道から北の空に日光の雪山が現れ、山並みに裸木のシルエットが美しく・・



冬のドライブに優しい絵が並ぶ美術館もいいなと思いました。




今年ももう数日。

目白の貝の小鳥さんには新年になりましたら、また追加を発送いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

明後日からは新しい作品を作るためにも、工房にたまりつづけた段ボールや端材を片付けます。なんとか2日で終わりますように・・


クリスマスが過ぎたら、掃除や新年の支度や帰省でますます慌ただしくなるでしょう、、怪我や事故に気をつけてお過ごしください。

関連記事
スポンサーサイト






Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home