FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の印象

2016/05/18 17:14


7月1日から7日までの渋谷Bunkamuraでの展示も迫ってきました。

6月には、数冊の雑誌にも関係記事を掲載していただけることになって、各社、また作品を持ってくださっているお客様にはお世話になりました。

たまたま取材いただいた日に、ある先生との出会いを記者のかたに話していましたのですが、その日に外出先で急逝なさったのを翌日知らされました。

先生は私の作品をお求めになっても、親しいかたに配られお手元にはなかったので、いつか先生にお似合いの花を彫ってお使いいただきたいと思いながらも間に合いませんでした。



花の印象は、年月と共に変わるようで庭に咲く蘭は親しみやすいおとなしい印象でしたが、一昨年から何種類かの和蘭を改めて描いていたら、強くてしなやかでとても惹かれました。

年末には幾つか彫り、ギャラリーニイクでご覧いただけました。

花も人も、自分の経てきた月日で印象は変わります。

去年のニイクで並べたのより、また少し強い印象になりました。

今日仕上がったこの器、先生の印象かしら?と見つめましたが、少し違うようです。



器は使ってくださる人を思いながら作ります。

その方がたも「今まで目に入らなかった色や花も気になります」
と、おっしゃいます。

わたしもお客様の印象を花に見ることがよくあります。

いつも家族への贈り物をまず先に決める方は優しい母子草を背景に見ていたり、
松虫草のようなエレガントな方だなぁとか、タンポポのような・・とか・・でも、その印象もやはり変わっていきます。

昔は苦手だった花も年をとるにつれ、好きになるし、、
好きな花はちがう魅力にもっと気がつくし。



ガラスの中に絵があり、ガラスの中の絵に思い出を重ねたり、空想を広げて憩っていただけたら、器を作る幸せがあります。

あと一か月半、まだまだ準備ができませんが、頑張ります。
DMができましたので発送準備もいたします・・指がクニャクニャになってきているので、乱筆お許しくださいませ。





関連記事
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。