FC2ブログ

渋谷Bunkamuraでのガラス展 心の岸辺に

2019/07/25 12:01
bunkamura_gallery1.jpeg

NOE Mielotar *心の岸辺に*

三日目になりました(~19:30 最終日30日は17:00)

会場は寄せていただいたお花や笑顔と清らかな音が重なって…感謝です

長年の友人が寄せてくれた紹介文は、まだ私には遠くにある目標の一つが書かれ、理解されている喜びと励ましを得ました。
ご一読下さい

bunkamura_gallery2.jpeg

******  ******  ******
のえさんの個展に寄せて

 のえさんの個展は、関東圏で開催されたものはこれまでほぼ足を運んでいる。彼女の表現の基本軸は変わらないが、作品の放つ質は着実に精緻で豊かなものに変容しているのを私は感じる。着実な技巧的成熟がその所以であることは言うまでもないが、のえさんが自らの作品にむけるまなざし、いや作品だけでなく彼女を取り巻く自然に向けるまなざしとその感受の深まりを、私はそこに更に強く感じるのである。それはおそらく、ガラス作家としてのキャリアを積み重ねてきた余裕と自信ゆえであろう。本展の作品群は、まさにその証左であると私は思う。

 自然を静かに観察し、その中に自らを同化し、その一体感をそのままに表したいとする欲求を、日本人は古来からもっている。草花を客体として観察するのではなく、「草花と共に在る」という意識で眺めること、そうした姿勢から生み出されてきた日本人の古来からの表現は、明らかに西洋人のそれとは本質的に異なる気配を放つ。のえさんの作品にはこうした当たり前の日本の気配がある。

 のえさんの作品にエミール・ガレとの類似性を指摘する声があるが、彼女の生み出す作品はガレのそれとは本質的に異なる。ガレの作品の美質は、石の壁に囲まれた独立した室内に置いて初めて成立する、極めて客体的で物質的な美質である。それに対してのえさんの生み出す作品は、自然の中にこそ息づく場をもつと私には感じられる。草花を息づかせる周囲の空気が結晶となりガラス化しているような印象を、私は受けるのである。器という事物の距離感が希薄と言おうか、器としての実体感が希薄と言おうか。のえさんの生み出す器は、物質として、そして同時にある種の空気として存在するような、実に不思議な佇まいを私に感じさせてくれる。それこそが、古来から日本人が表してきた感性なのではないだろうか。

 いずれにせよ、これまでの、そしてこれからののえさんの生み出す作品の有様と行末を、私はとても楽しみにしている一人である。

埼玉大学教育学部教授・画家
小澤基弘

bunkamura_galley3.jpeg

本日より個展がスタート

2019/07/23 09:15
bunkamura_glass.jpg

NOE Mielotar展~心の岸辺に~
7月23日~30日
 10時~19時半(最終日のみ17時)
  Bunkamura 1階

どうぞご高覧くださいませ
会場にてお待ちしております

bunkamura_draw.jpg

発送準備完了

2019/07/18 07:30

今夜で作品の梱包がすみました

並んだ小箱をコンテナボックスに詰め終わり、ほっとしました
あとは配送のかたにまかせて、事故がないように願うばかりです

制作中はたくさんの励ましや私や家族の体調を心配くださってありがとうございました
感謝です🌿

今回は、小さめのもので今までより繊細な仕上がりになった気がします

手術した目をカバーするのにレンズを使うようになったこともありますし、暮らし方が表れたのだと思います

予定数に四つ足りませんが、今の精一杯を…

誰もが辛かったり悲しかったりするときに心に浮かべれば慰められる思い出の風景や花をイメージして、今回の副題は *心の岸辺に*としました
ぜひ、お越しください

hira-chawan.jpg

かなり以前、お求めいただいた作品を会期中展示していたら盃という小ささのためか持ち去られてしまったことがあって以来、
個展ですが、小さなものはお持ち帰りいただいています

お代をいただきながら、、で申し訳ないし、
本当に一点ずつ絵を描くので同じものはできず、
できるだけ同じ雰囲気で代わりをお作りしても会場で一生懸命選んでくださった時間も作品も取り返しがつかないからです

なので、せっかく忙しい中お越しくださる方々が会期後半になってもお楽しみいただけますように、できるだけたくさん作りました

都内でのガラス展はオリンピックの後の冬までお休み…

会場ではどうぞご意見ご感想をお聞かせくださいませ
これからの制作に生かしたいと思います

よろしくお願いいたします

IMG_4065.jpg

今年最後のガラス個展に思う

2019/06/29 19:00
20190628211017068.png


201906282110351ac.png


オーダーいただいたお部屋に分骨なさるための御壺も出来上がりました
今までペットのためのは経験しましたが、今回はご夫婦のものを、、とのことですので、ご希望の絵を描いて蓋もきっちりとしまるよう、吹きから彫り磨きとずいぶん時間がかかってしまいました

ご希望は亡きご主人との思い出があり大好きなハワイの海と夕景を、
それを愛犬たちと一緒にご主人が眺めている様子…
ダイヤモンドヘッドも入れて…
いずれご自分も一緒になり、お子さんに預けたいから可愛いボンボニエールのようにとのことでした

それで、吹きをするために絵をかきはじめてから、お子さんに渡された時お母さまのイメージがない!とハタと気がついて

ご主人の視線の先の海には、麦わら帽子のご主人ともう一人の小さな影が乗っているヨットを浮かべました
ご両親をイメージくださいますように、、と

海はクリスチャンであるお母さまを表そうと、再生復活を表すイルカとイルカが運ぶ十字架を…

お部屋になじむ優しさがほしくてまん丸に近く作ってあります

お気持ちに添いますように…
そして、ずっと先になって預けられたお子さんの家族にもなじんでいただけたら作り手の幸せです

image1.jpg


来月7月Bunkamuraの個展は、今年のガラス個展として最後になります
九月に絵画小品展を目白貝の小鳥さんで展示したあとは、ガラスは神戸京都都内の企画展で数点ご覧いただく予定です

一回の個展で用意する器はいつも200前後です
今の介護しながらの暮らしかたでは恒例の年末の個展にはじゅうぶんな用意ができないと思ったことと、
昼は介護 夜だけ制作というリズムでは新しい形を試作したくてもできなかったので、
思いきって秋からは試作と来年初夏の個展にむけて時間を使おうと決めました

仕事として個展を一回減らすのは不安がないことはありませんし、贅沢なことですが、ずっとしたかった形を表すには試作時間を確保するべきだと思いきれました

私のガラスはふだんの暮らしにあって美しいものを、、と作り始めた時からずっと変わらずにいます

一つずつ手描きして彫り、磨きしあげているので、同じものは一つとしてありません
ガラスは所有の喜びといいます
まだまだ未熟ですが、私のガラスも手の中でこそ見える景色がありますように…
どうぞ会場でゆっくりとご覧くださいませ

今回のBunkamuraの会場で、またメールでも今まで通りオーダーのご相談を承っております
これからもどうぞよろしくお願いいたします

取扱店 各店舗でもご相談くださいませ

貝の小鳥(都内目白常設) 
ギャラリーアルカ(神戸常設)
東哉(京都茶わん坂・銀座常設毎月二点新作有
     2020年5月個展予定)
つかもと作家館(益子 常設)


image2.jpg

Bunkamura公式HP掲載のお知らせ

2019/05/15 21:37
Bunkamura個展告知


7月下旬からの個展のご案内がBunkamuraの公式HPに掲載されました

どうぞご覧くださいませ

〜Bunkamuraの公式HP〜
https://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_190723noe.html

Bunkamura個展のお知らせ

2019/05/10 17:00
芍薬の盃

裾にカットをいれて煌めきを主役にした芍薬の盃もしあがりました

7月下旬Bunkamuraの個展も近づいてまいりました

渋谷Bunkamuraですので、お近くでのコンサートなどお出かけの後にもお立ち寄りください
お待ちしています

今回のガラス展のあとは今年度の個展は、
九月貝の小鳥での平面の小品展のみとなります

**神戸Gallery ARCAと目白貝の小鳥のギャラリー企画展と 京都の碗展にガラス数点を参加させていただき、

次回ガラス個展は来年5月に京都東哉、

関東でのガラス個展は、一年半ほど先の2020年12月に予定されています

ぜひご覧くださいませ

NOE Mielotar展 ―心の岸辺に―

日程: 2019年7月23日(火)〜7月30日(火)
時間: 10:00〜19:30 ※最終日は17:00まで
場所: Bunkamura Box Gallery
Bunkamura 1F メインロビーフロア 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
会期中無休・入場無料

お問い合わせ
TEL: 03-3477-9174
WEB: http://www.bunkamura.co.jp/

Bunkamura個展のおしらせ

Bunkamura個展のおしらせ


菖蒲の類いの花言葉は「良い知らせ」
今年も庭にモデルさんが咲きました

アイリス